美食の国スペイン サクラダファミリア完成間近!?

ガウディの作品に出会えるバルセロナ

 

スペインといえば、サクラダファミリアを思い浮かべる人が多いと思います。日本人も建築に関わっているサクラダファミリアは圧倒的な美しさをもっていますよね。遠くで見ても近くで見てもその芸術的な創りに驚かされます。

 

 

サクラダファミリアを作ったのはアントニガウディという人物。バルセロナ市内には、サクラダファミリアだけでなく、ガウディの作品がたくさん存在します。

スポンサーリンク

バルセロナ市内にある世界遺産

 

最初にもご紹介した、聖家族教会いわゆるサクラダファミリアの他に、グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョの建築群が存在します。

 

サクラダファミリアっていつ完成するの?

 

 

 

バルセロナ市内で最も有名なサクラダファミリアは、1882年に初代建築家のフランシスコさんの設計により、スタートしました。

その1年半後、アントニ・ガウディがこの建築を引き継ぎ、43年間かけて建築に打ち込みました。ガウディは最初から参加していたわけではなかったのですね。

今でも建築が続けてられているこの大聖堂は、完成すると8000人を収容できる礼拝堂になるそうです!

8000人てすごいですね!

以前は完成まで300年かかると言われていましたが、技術の進歩により、2026年には完成予定です。

あと、10年で完成するって早くないですか??笑
完成前にもう一度サクラダファミリア見に行きたいと思いました。

 

 

 

ガウディその他の作品

 

 

 

サクラダファミリア見学後に行ったグエル公園でも美しいモニュメントがいくつかありました。

グエル公園はトカゲのモザイクが有名です。沢山の観光客がここで写真撮影していました。

グエル公園はエウゼビ・グエルという人物が富裕層のための新興住宅地を作るためにガウディに依頼をしました。

この場所、海とバルセロナの街を見渡す素晴らしい景色が広がっていて、こんな所に住めるなんて当時の人は本当贅沢だなぁ〜と感じました 笑

と同時にやっぱりガウディの才能に驚かされたのでした。

パーク・グエルの後はカサ・ミラとカサ・バトリョを観に街中へ。

もう一目でガウディの建築だと分かりました。特徴的な曲線美!美しすぎる。なんて並外れた芸術的なセンスを持っているのでしょう。正に天才なのだなぁと感じました。

 

 

スペインに来たらここはおさえよう!

 

まとめですが、スペインに来たらバルセロナ市内は必須ですね。

ご飯も美味しく、芸術的な作品に多く出会えるため、きちんと観ていたらあっという間に1日が終わってしまいます。

 

中でもやはりガウディの作品群。
サクラダファミリアは完成前にも一度観てみる価値が絶対にあります。

ぜひヨーロッパに行った際には立ち寄ってみてくださいね!

 

 

 

それではまた♪

 

 

スポンサーリンク

Related Post