海外ドラマSUITSシーズン1第1話あらすじネタバレ!マイクとハーヴィーの出会いはアソシエイツの面接?

いよいよ、日本版のドラマSUITS-スーツ-が始まりましたね。

大好きな作品なので、日本版がどのように展開していくのかが楽しみな所です!

本家のドラマSUITS-スーツ-season1のあらすじと感想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

Hulu SUITSシーズン1【第1話弁護士の条件~前編~】のあらすじネタバレ!

 

主人公マイク・ロス(パトリック・J・アダムス)は今まで人生を正しく生きていきませんでしたが、ある人物との出会いで人生が大きく変わります!

その人物とは、ニューヨーク・マンハッタンに著名な法律事務所が幾つもある中の一つ”ピアソン・ハードマン“はハーバード・ロースクール出身者のみしか採用しない事で有名でした。

その事務所のクローザー(訴訟案件を解決する人間)として活躍する、ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)は、色々な難解事件を解決し、事務所に利益をもたらします。

シニアパートナーに昇進したハーヴィーは、事務所の決まりにより、乗り気ではないもののアソシエイツ(助手)を採用する事となります。

マイク・ロスは大好きな祖母の病院へ見舞いに行き、そこで病院のスタッフより、完全看護の施設への転院を進められます。

しかし転院ははさせず今の所での治療を継続する為には、高額な入院費が必要になり悩んだマイクは、悪友(トレバー)に頼まれ、危険な仕事を入院費の金額と同じ額をトレバーに要求し、引き受けます。

その仕事を引き受けたホテルには麻薬捜査の為に潜入捜査をしていた警察を見かけ、マイクはトレバーにはめられたと思います。

警察から逃れていると、ホテルの他の部屋で行われていた”ピアソン・ハードマン“のアソシエイツの面接に偶然出くわします。

マイクは偽名を使いアソシエイツの面接を受けることになりますが、その時持っていたバックが開き中身の麻薬をバラまいてしまいハーヴィーにバレてしまいます…

事情をを説明しだすマイク。以前マイクは法律家を目指していましたが大学卒業前にトラブルに巻き込まれドロップアウトしてしまいます。

マイクは一度読んだ物は全て記憶しているという天才的な頭脳の持ち主であの分厚い六法全書まで覚えているなんて、信じられない事です!

ハーヴィーはマイクに興味を持ち、本来事務所の方針ではハーバードのロースクール出身者しか雇わないことになっているが事務所には秘密にしマイクをアソシエイツとして雇うことになりました。

ハーヴィー自身も危険を犯してまでマイクの才能や可能性を大きく見込んでいたのだと思います。

スポンサーリンク

Hulu SUITSシーズン1第1話感想

 

人付き合いの苦手なハーヴィーがアソシエイツであるマイクとの関わりでどう変化していくのか、又マイクは祖母との約束通り人生をやり直すことが出きるのか今後の展開に目が離せません。

劇中でのマイクの祖母の言葉が私には胸打たれました。

「苦労したのはわかる。けどもう子供じゃないんだから、才能を無駄にして生きないで」この言葉はマイクの心にも届いているはずです!

人間何度でもやり直しする事は出来ます!

そう信じさせてくれるドラマだと私は思います。

これからのストーリー展開に乞うご期待です!

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Related Post