横浜流星は歌がうまい?愛唄を歌っている声が高くてかわいい!

2019年1月25日公開の映画『愛唄-約束のナクヒト-』

スポンサーリンク

主演は横浜流星です!

 

イケメンですね!

横浜流星は2014年に『烈車戦隊トッキュウジャー』ではトッキュウ4号(ヒカリ)役を演じていました。

 

横浜流星は帰国子女?家族について調査!

そんな横浜流星は今回映画『愛唄-約束のナクヒト-』の主演に抜擢!

 

GReeeeNの愛唄といえば、歌詞の純粋さやストレートな思いが素敵な曲で私も大好きな曲です。

何度聞いても癒やされる曲です。

スポンサーリンク

映画愛唄主演の横浜流星は歌がうまい?

まずは横浜流星さんのプロフィールを紹介します。

横浜流星のプロフィール

〈名前〉横浜流星(よこはまりゅうせい)

〈生年月日〉1996年9月16日

〈出身〉神奈川県横浜市

〈身長〉174cm

〈血液型〉O型

〈趣味〉音楽鑑賞

〈特技〉極真空手

 

愛唄の映画ということで歌唱シーンもあると思われるこの映画。

気になるのが横浜流星の歌唱力ですよね。

横浜流星の本業は俳優ですが歌はうまいのでしょうか?

 

『グリーンボーイズ』としてはMステにも出演した横浜流星時。

『グリーンボーイズ』とは菅田将暉、成田凌、横浜流星、杉野遥亮の4人組ボーカルユニット

映画『キセキ-あの日のソビト-』はGReeeeNの「キセキ」が誕生するまでの物語を描いた映画です。

その中でGReeeeNを演じた4人。

Mステでは『キセキ』と『声』の2曲を披露しました。

 

横浜流星の歌声が高くてかわいい!

さて、横浜流星の歌声はどのようなものだったのか。

こちらは「グリーンボーイズ」でさいたまスーパーアリーナでライブを開催した時のものです。

全体的に菅田将暉のパートが多めですが、横浜流星の歌唱パートもちゃんとあります!

音程では高めのキーを担当しているようですね。

菅田将暉には敵わないかもしれませんが、俳優さんなのに横浜流星も歌が上手です。

インタビューによると、

「苦手だった歌も歌えるようになって、やれば何でもできるんだと自信がつきました」

と語っていた横浜流星。

もともと歌は得意な方ではなかったようですね。

しかし、映画に出演するにあたり、2ヶ月のボイストレーニングに励んだそうです。

「キセキ」ではハモリの高音パート担当で、最初は声が出なかったようですが、トレーニングによって高音も出せるようになったとのこと。

今回の映画『愛唄-約束のナクヒト-』でもさらに進化した横浜流星の歌を聴いてみたいですね。

愛唄ー約束のナクヒトーのあらすじ

ごく平凡な若手サラリーマン透は、ある日、自分が病に侵されていることを突きつけられます。そして、残り3ヶ月の命であることが明らかに。

思い余ってビルの屋上から身を投げようとした時、チャラい風貌の男が透に突然声を掛けてきます。

そのチャラい男とは、高校時代の同級生龍也でした。

龍也に事情を話すと、龍也は透のスマホのカウントダウンアプリを起動させ、残り時間は短いかもしれないけど、今はまだ生きていると言います。

 

夜の帰り道、伊藤凪という少女が書いた詩集が縁で、元子役の相川比呂乃と出会い、初めての恋の感情かもしれない感情を抱きます。

比呂乃との出会いは、透の人生に輝きを与えますが、比呂乃は元の演技への道を進むべきだと思い、透は身を引くことに。

恋愛未満で終わったものの、透の人生に予期せぬことが起きたことを見ていた龍也は、最後まで生き抜けと励まします。

そんなある日、透は一人の少女と出会います。

その少女はなんと死んだはずの詩人伊藤凪だったのです。

まとめ

映画の公開は2019年1月25日です。

そんな演技を見せてくれるのか今から楽しみですね!

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

Related Post