グッドワイフ第1話あらすじネタバレと感想!ゴジラは姑からの着信音?

海外ドラマでも人気の『グッドワイフ』。

2019年冬ドラマで日本版『グッドワイフ』の放送が開始されました!

こちらでは『グッドワイフ』第1話のあらすじとネタバレについて紹介していきます!

※ネタバレを含むので内容を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グットワイフ第1話あらすじ ネタバレと感想!ゴジラは姑からの着信音?

常盤貴子さんが専業主婦から弁護士となり夫である唐沢寿明さんを救うために一念発起します。

気になるあらすじから書いていきます。

グットワイフ第1話のあらすじ

かつて優秀な弁護士として名を馳せた蓮見杏子(常盤貴子)は16年前に出産を理由に退職していました。しかし、夫の警察庁・特捜部長の壮一郎(唐沢寿明)の汚職・不倫疑惑から幸せな日常は一転し、壮一郎は逮捕されてしまいます。

杏子は家族のために16年ぶりの弁護士復帰を決意しますが、ブランクが長く中堅弁護士の経験がないためなかなか採用には至りませんでしたが、司法修習生時代の同期・多田征大(小泉孝太郎)のプッシュによって、彼と共同経営者の神山佳恵(賀来千香子)の事務所に仮採用として迎え入れられます。

半年後の本採用に向けて、若手弁護士の朝飛光太郎(北村匠海)と戦うことになるのでした。

報道メディアと“表現の自由”

かつてはテレビのキャスターとして活躍していたがあまりに過激な発言が多く、局と揉めた末に報道の拠点をインターネットに移した日下部(武田鉄矢)が訪れます。

日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取材した際、犯人は母親だという疑惑を放送。

結果として日下部のネット番組が原因で被害者の母親は自殺に追い込まれてしまいます。自殺した母親の夫は日下部に罪を問い、名誉毀損で訴えると主張していますが、日下部もまた同じく名誉毀損で訴えると主張しました。ふたつの裁判を平行して行わなければならないことに……。

また、蓮見の後釜に特捜部長に就任した脇坂(吉田鋼太郎)は壮一郎と親しかった検事の佐々木(滝藤賢一)を利用し、壮一郎を追い詰めます。

予期せぬ攻撃

日下部は自身のネット番組で幼女行方不明事件の裁判の相手の弁護士が汚職・不倫疑惑の壮一郎の妻、杏子であることを晒す。

杏子ら日下部の予期せぬ攻撃に、弁護を下りようとしますが、神山にむしろ逆手に取れと言われます。

多田もまた杏子に日下部の攻撃に負けず、法廷に立つように背中を押します。

16年ぶりの法廷に立つ杏子でしたが日下部と日下部の弁護士の圧力にたじろいでしまいます。そこへ多田が助け舟を出し、「かつては政治ニュースに鋭く切り込むスタイルだったが、ネタ切れで最近は芸能ゴシップが多く、また運営サイトから番組の終了を打診されていた。」と指摘します。

日下部は負けずジャーナリストとしてのプライドを主張しますが、今回の情報源である警察の捜査は過去に子供を狙った犯罪歴のある人物に絞っていたことを明かします。

放送した8月16日にはまだ母親は捜査線上には上がっていなかった。

日下部は母親が子供を過去に中絶しようとしていたと主張し、依頼人である子供の父親は法廷で取り乱してしまいます。

スポンサーリンク

杏子は母親が通っていた産婦人科に調査しに行きますが、中絶しようとしていたというのはデマでそのデマを流していたのが3人の清掃員の中にいる可能性が高いことを知ります。杏子は清掃業者勤務の3人に直接会い、3人に異なる情報を撒き、どの情報が日下部に届くか確かめるという手段に出ます。

結果、そのうちの一人伊達が情報を流していたことが発覚し、自殺した母親が中絶しようとしていたというのも根拠のないものだったことが明らかになります。

伊達が母親が子供を殺したというメールを伊達に送ったことを認め、情報源が警察ではなくメールで十分に裏を取ったものではなかったことがわかります。

だが、ことは簡単には運ばず日下部と自殺した母親の夫である濱口両方の要求が棄却されてしまいます。

日下部が警察から情報を得たという主張が完全には否定しきれないということに至りました。

また子供は子供のいない夫婦に誘拐されていたことがわかり、父親の元に無事に帰ることが叶います。子供が生きていたことにより日下部の主張がデマさせであると証明され、控訴すると多田は日下部に1億円を条件に和解を持ちかけます。

結果、日下部との和解は8000万円で成立しました。

 

法律事務所の面々は8000万円の和解金を勝ち取ったことを祝い、飲みに行きます。

ふと、杏子はパラリーガルの円香みちる(水原希子)と会話をしますが彼女は自分が元警察事務官であり、壮一郎の元で3年働いていたががクビになったのだと語るのでした……。

グッドワイフ第1話を見た感想

  展開の早さがオリジナルのアメリカ版さながら!壮一郎の汚職疑惑と杏子の担当する案件に別れてストーリーが進行するのですが、どちらも大変見応えがあります。

主人公蓮見杏子役の常盤貴子さんは連ドラ久しぶりの主演ということで、杏子とも重なるところがあると思います。彼女も夫の不倫に傷ついた普通の女性ですが、傷付いているだけではなく子供たちのために再び法廷に立とうという芯の強さを感じる役どころです。正直、前半はあまり杏子の弁護士としての力量は感じなかったのですが(法廷でも多田に助けられているという印象が)、後半戦はすごいです。

それぞれが敵役で、特に水原希子さんの存在感は特筆すべきだと思いました。普段よりもメイクや衣装がエッジがきいてるせいかモデルさんだったことを思い出させられます。

まとめ

今回、常盤貴子さん主演での日本版『グッドワイフ』。

姑からの着信がゴジラのテーマ曲であったことが本家とは少し違いますね。

アメリカ版では『トワイライトゾーン』でした。

豪華なキャスト陣で今後の展開が気になります。

佐々木がどちらの味方なのか、何故壮一郎は円香をクビにしたのか、多田と杏子の関係はどうなるのか今後も目が離せません!

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Related Post