いだてん第3話あらすじネタバレと感想!志ん生の弟子五りんの正体とは?

いだてん第3話では、人生の恩師となる、東京高師の嘉納治吾郎(役所広司)との再会し金栗四三(中村勘九郎)がマラソンと出会うきっかけとなる回でした。さっそくいだてん第3話あらすじとネタバレを紹介していきます。

※ネタバレを含むため内容を知りたくない方はご注意ください。

>>いだてんを無料視聴する

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

いだてん第3話あらすじとネタバレ

今回のいだてん第3話では四三が熊本を出て上京します。そこでマラソンと出会い、四三の生活は一変していきます。

志ん生の弟子五りん【神木隆之介】の正体とは?

落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は妻・おりん(池波志乃)や娘・美津子(小泉今日子)、ましてや弟子・今松(荒川良々)にも黙って、『小松』(神木隆之介)という青年を弟子にしていました。新弟子であるはずの小松は態度がでかくいきなり庭で水浴びをしだします。『父の言いつけで必ずやらなくてはいけないんです!』と小松は水浴びを続けていたのです。

古今亭志ん生はこの青年に五りんと名前をつけていました。

この小松っていう青年は、今風な感じで、少し礼儀作法を知らないのではないかなと思わせる態度でちょっと驚きでしたね。放送開始して数分でその態度なに?ってついTVにつっこんでしまいました。

四三家族の思いを胸にいざ上京!

明治42年(1909)秋、18歳になった四三は毎日の日課である水浴びをしていました。海軍の試験に落ちた四三は家の畑仕事を手伝いながら自分の進路について悩んでいました。

兄・実次(中村獅童)から『お前はいつまでくさっとっとか!!ここは人の足りとるけんお前の好きな事ばせんか。』と四三の背中を押してくれます。四三は嘉納治吾郎先生がいる東京高師への道へ進むのでした。幼い頃治吾郎先生に抱っこしてもらえ無かったことを後悔していた四三はこのままだと体の弱いままの四三でこれを乗り越えんといけん!!と意を決するのでした。

明治43年(1910)の春、家族に見送られ熊本から東京までの長距離を列車に揺られ親友の美川と上京するのでした。

東京は怖い!?さんざんな上京開始!!

東京へ向かう列車の中で、四三は寄宿舎までの道を地図を見ながら人に訪ねています。『こぎゃんしてぎゃんしてぎゃんして行ったがよかといわれたばってんぎゃんぎゃんぎゃんがよかですよね!!』と熊本弁で話し掛けます。

列車が大きく揺れた時にある事件が起きていたのでした。そうこうしている間に東京へ到着した四三と美川。美川は『まだ寄宿舎に行くには早いから浅草まで足を延ばそう』と言います。二人は浅草につくとそこで遊女の小梅に遊んでいかないかと声をかけてきます。

四三は美川に『今日はやめとこう!』と声をかけます。その時!?四三は『ない!財布がない!ここにこぎゃんして入れていたのに!!』と言い出します。東京へ向かう列車が揺れたときに道を聞いた相手に財布を盗まれてしまったのです!四三はこの事があってから、列車に乗ることが嫌になったと後に古今亭志ん生が高座の話の中で伝えています。ようやく寄宿舎についたのは、夜7時くらいの事でした。四三は熊本から東京につくまで、お金も盗まれてしまったことで、何も食べておらず空腹の状態でした。

その事を寄宿舎の舎監である永井道明に激怒され、肋木にぶら下がっておくよう言われます。列車に乗っていた時に天狗党が乗っている雑誌を寄宿舎まで大事そうに持っていたのは美川だったのに、美川は四三の物だと裏切ったのです!なんか美川という人は結構ズルい人ですよね。まー世の中には美川みたいなタイプって沢山いますよね…。

治吾郎先生との再会!?

東京高師の入学式で四三は幼い頃に少しだけ見かけた治吾郎先生をみてとても興奮していた!!これから治吾郎先生の教えを学ぶことが出来ると胸弾ませるのです。

高師での授業で社会の教師より熊本弁で答えてみろとって言われます。熊本弁で答える四三にクラスは笑うのです。

スポンサーリンク

夏休みに故郷熊本へ!春野スヤとの再会も

夏休みに入って、四三は熊本の実家に帰ります。川で水浴びをしていると、医者の娘春野スヤ(綾瀬はるか)が自転車を颯爽と漕いで現れます。『お元気そうで東京はどぎゃんですか?』と話し掛けます。それに対し四三は『どぎゃんかね。思ったより坂のおおかね。高師の授業で音楽があるけど歌ば歌うと皆が笑うったい!ありゃー苦手やね。だけんスヤさんに教えてもらったあん歌ば近所の神社で歌いよるったい』と話していると一緒に自転車節を大きい声で歌います。

四三は歌が苦手で自信をもてずにいましたがスヤに『四三さんが思うように歌えばいいったい』と自信を与えます。

スヤさんの事が夕食の時に話題に出ます。女学校を卒業したら玉名の名家のご子息と結納するそうだと聞かされます。四三は少し心が揺れます。夏休みが終わって東京に戻る列車の中で美川が自転車で追いかけるスヤを四三に声かけます。『四三さん達者でいってくださいね!』と手を降り続ける四三とスヤなのでした。

四三とマラソン運命が動きだす!

東京に戻った四三と美川はまた浅草に向かいます。美川と四三が浅草につくと遊女の小梅(橋本愛)が美川に声かけます。四三は東京は何でも高いし、熊本と違ってなど文句を言っています。それに対し、美川は『僕はあんな田舎嫌だ!君はスヤさんがいる熊本に帰ればいい!レンコンの中から熊本城を見てレンコンに辛子を入れて外をみても何も変わらない!僕は世界を替えたいんだ!』と話します。その後小梅の事が気になる美川は四三と別れ小梅の本に行きます。

置いて行かれた四三は大勢の若者が銃の合図で一斉に走り出します。一斉に走り出した集団を見て四三は『この人達はいったい何をしているんですか??』と近くの人に聞きます。相手にマラソンであることを聞かされ四三の心が弾んでいるのです!ある意味美川と離れたからこそ、このマラソンと出会ったのです!

ようやく四三とマラソンが出会った回でしたね!

いだてん第3話の感想

今回は人間関係の変化や運命的な出会いも見えましたね。熊本から東京へ向かう際の列車を見送る家族の四三への兄の発言が誇大妄想で美川はないかと笑い飛ばします。しかし熊本の家族の思いや、兄の後押しして念願の東京高師へ入学します。人の思いって強いですよね。今回も熊本に戻った四三へマドンナの春野スヤさんが登場しましたね!熊本弁で話す四三とスヤさんの言葉とても懐かしく思いました!

スヤさんが四三へ渡した手作りのいきなり団子!あれめちゃくちゃ美味しいんですよ!蒸かしたサツマイモの上にあんこを乗せて薄く伸ばした小麦粉の皮で包み蒸したお饅頭です。

あれ本当おいしくて何個も食べられるのです。熊本の郷土菓子とでも言ったところですかね。久しぶりに私も食べたいと思いました!それにしても四三の歌はちょっと驚きでした(笑)熊本弁で笑われる気持ちは分かりますが郷土の言葉は大切ですよね!東京は色んな土地から若者が集う所ですもんね!

まとめ

四三も治吾郎先生と出会い良かったです。マラソンも心奮わせる競技になりそうで今後もマラソンへの思いとスヤさんとの関係も気になるところですが、来週のお話が今から楽しみです。

志ん生の弟子で登場した神木隆之介演じる五りん。

父の教えで水浴びをしているということは四三の息子?『五りん』という名前は五輪にちなんでつけられたと想像ができますが、こちらの伏線もどう回収されていくのか気になります!

>>いだてんを無料視聴する

 

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Related Post