スキャンダル専門弁護士第2話あらすじネタバレと感想!成海璃子がセクハラでSNS炎上?

 

今週も始まりましたね!竹内結子さん主演の『スキャンダル専門弁護士QUEEN』。

こちらの記事ではスキャンダル専門弁護士第2話のあらすじネタバレを紹介します。

※内容にネタバレを含むため、内容を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スキャンダル専門弁護士第2話あらすじとネタバレ!

 

前回のお話では、アイドルグループの解散する事で事務所社長の不正献金など表に出ては困る内容を、少ないリスクで解決していきましたね!竹内&水川最強コンビの始まりでしたね!危機管理を専門にする弁護士というのを世間的に知らない人達が多いと思うため、題材的には面白い作品です。

スキャンダル専門弁護士QUEEN第2話あらすじ!成海璃子がセクハラでSNS炎上?

第2話の話は、鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たに案件が持ち込まれ、やってきたのは大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクターの谷正輝(波岡一喜)でした。谷の契約社員へのセクハラ騒動が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていました。谷と貴美子は事実無根を訴えますが、すでにSNSなどに拡散されて、代理店側は圧倒的に不利な状況にありました。

『週間文新』にセクハラを暴露される?

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会います。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと伝えます。氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えます。会社自体も聞き込みに来た与田達に対しても、『社長の指示が無いため話できません』と口止めされている感じが立ち込めます。

スポンサーリンク

パワハラ音声が流出でピンチ!

氷見は出版しようとしている、佐藤を顔出ししてセクハラ被害を訴え戦う事を提案します。しかしネットでセクハラ被害を訴えた佐藤の言葉に世間は余計に大炎上!そんなときに、ワイドショーで谷が暴言やパワハラの音声が流れてきたのです!代理店人事部長の貴美子は『謝罪しないで相手を黙らせる事があなた達の仕事でしょう!』と上から目線の傲慢な態度で氷見達を責めます。

この世の中、派遣社員、従業員、パートなどの仕事の扱いが酷いことが多いように感じます。上司のパワハラでのびのびと仕事出来ず顔色見て仕事する部下ばかりになってきているのが現実社会のようでリアルですね。

佐藤と谷は:実は付き合っていた?

佐藤の首のネックレスを見て有ることに気がつきます。谷と佐藤は昔付き合っており、佐藤が別れたいと告げると、谷は夜中に呼び出し、土下座させたり、俺の言うことを聞けなどパワハラへとつながっていきます。本来二人の間で解決すれば良かった事が大きくなってしまったのです。

広告代理店の仕事もずさんすぎる!!

氷見と与田は会社が作った色んなロゴマークのノルマを会社から課せられ、だんだんずさんな内容になっていることに気づいたのです!同じようなマークがありセクハラ、パワハラを公にして会社のずさんな内容を隠蔽しようと会社側がしていることを、谷と佐藤に伝えます。それを踏まえて谷の謝罪と会社側の謝罪により、ずさんな仕事を表に出さないように話をつけます。佐藤の本は新たな週刊誌の記事により出版中止になりました。それで一見落着でした。

スキャンダル専門弁護士QUEEN第2話の感想

今回のテーマは社会的に重たい内容だったのではないでしょうか。ワイドショーなどでもパワハラ、セクハラ、モラハラなど色々な報道がされています。働き方改革だ人事確保だと言っていますが、実際の仕事では、上司が部下を大切にしていない事が現状ではないでしょうか。部下の声を聞いて、意見を募り、そして皆で話し合い解決していく事が理想ではありますが、実際の所上から目線での通達で部下の声なんて聞いてもらえず上司の顔色をうかがって仕事をしている社員がほとんどなのではないでしょうかね…

まとめ

今回のドラマは、社会的に考えさせられる内容で良かったですね!!

氷見の過去の事件も伏線として出てきましたが、今後どうなるのでしょうね!第3話も見逃せませんね!!

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Related Post