グッドワイフ第2話あらすじネタバレと感想!杏子は裁判で逆転勝利できるのか?

グッドワイフ第2話が放送されました。今回も杏子(常盤貴子)が大活躍します!

さっそくあらすじネタバレを紹介していきます。

※こちらの記事ではドラマのネタバレがあるため、内容を知りたくない方はご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

グッドワイフ第2話あらすじネタバレ!

今回の杏子の仕事は大物弁護士の弁護。かなり厳しい状況の中での弁護に周りの同僚は苦い顔です。

杏子はどのように弁護を進めていくのでしょうか。

大物弁護士が飲酒運転で起訴!?

神山佳恵(賀来千香子)の父である事務所の名誉顧問・神山大輔(橋爪功)が突如事務所を訪ねてきました。

大輔は酒酔い運転で器物破損罪と公務執行妨害で起訴されているといいます。

しかし、大輔は器物破損罪は認めているものの飲酒運転と公務執行妨害は認めておらず、その証言も検察側と異なっていました。なんと、飲んでから運転したのではなく事故を起こした後に飲酒したと主張しているのです。

大輔は無罪を主張し、弁護人に蓮見杏子(常盤貴子)を指名しました。どう見てもクロ(有罪)な案件に杏子は立ち向かわなくてはいけなくなってしまったのです。

 

裁判中大輔が明らかに酔って暴れている映像が放送され、大輔は公務執行妨害までも否定するというありえない主張を続けます。

ところが杏子は証人が映像の中で「また手錠をかけるぞ。」と発言していることに目をつけ、これは物損事故を犯しただけの被告人に対する明らかな違法逮捕と連行、また逮捕後に収集された映像は違法収集証拠排除法によって証拠不十分だと主張します。

これにより、議論は公務執行妨害についてから酒酔い運転に移る。

証人が大輔が日本酒を飲んでいるところを見たという証言をするが、大輔によれば逆恨みによる偽証だと主張し……

 

夫の壮一郎はシロ?クロ?

裁判所で杏子は脇坂(吉田鋼太郎)に鉢合わせする。杏子が壮一郎(唐沢寿明)の妻だと気付くと脇坂は壮一郎に自白させることを目的に、「壮一郎がトミオカ精巧から一年前ほどに高価な宝飾品を受け取った。」という情報を伝えます。

杏子にも思い当たる節があり、ちょうどその時期にサプライズで壮一郎から高価なネックレスをプレゼントされていたのです。

無遠慮に杏子に迫る脇坂に多田(小泉孝太郎)は毅然とした態度で彼女を庇いますが……。

壮一郎は面会で弁護士からトミオカ精巧が倒産したことを聞かされます。壮一郎が白と言うなら白で行くと言うが、弁護士さえも壮一郎を疑いの目で見ています。

立場上、脇坂側で壮一郎を取り調べてはいるが佐々木は実は壮一郎のために動いていました。しかし、それも脇坂はとうに気付いており2人の前に立ちはだかります。

トミオカ精巧からの振込記録が壮一郎の口座に見つかったと脇坂によって暴かれ、事態は悪い方向へと突き進んでいきます。

大輔の隠し通したかった真実

 かつて大輔は明らかにクロの医師を弁護し、その裁判に勝訴したため世間から叩かれていたことがありました。その頃の大輔は仕事に追われ、家にも帰らなかったため自宅に押し入った野次馬たちの責めを一心に浴びたのは妻でした。

大輔の妻はその心労によって死去してしまいます。

佳恵はその事を今でも恨み、母の死が佳恵と大輔の間のしこりになっていました。

スポンサーリンク

 一方杏子は大輔の咳き込む様子と落として行った薬をヒントに彼が認知症であることを知ります。

薬を飲んだことによって事故を起こし、認知症の薬であることを隠すために飲酒。薬を飲むことによってアルコール摂取量が基準の倍以上の数値を出してしまったのです。

これを使えば裁判では勝てるかもしれないと言うが、大輔は認知症であることを公表すれば弁護士としての死だと言ってこのことは裁判ではもちろん、佳恵にも言うなと聞きません。

 杏子は認知症であることを隠したまま裁判に勝つために、事故当日に大輔が通ったルートのお菓子屋さんを調査することにします。

 

杏子は大輔の家でお菓子屋の切り抜きが張ってあるスクラップノートを発見します。

それは亡くなった妻が甘いもの嫌いな大輔と行きたいお店を記したノートでした。

月命日だった事件当日に大輔はそのお店に行っていたのです。

 

大輔のことを覚えているというお菓子屋さんが証人になることになりました。

買ったばかりのお菓子を食べていた大輔は具合が悪くなった際、警察が飲酒検査をし数値はゼロでした。

ところが検察側はそれを証拠品として提出しませんでした。また杏子はその際の警察官は花粉症であるため、鼻ではなく大輔の様子だけで酔っ払いだと主張していたことを明らかにし見事この裁判で勝利を収めます。

 

大輔は認知症であることを佳恵に明かし、引退するものと思われていたが事務所を辞めて弁護士仲間と新しい事務所を始めるといいます。

杏子は壮一郎からもらったネックレスをブランドに持って行くが、その購入者は壮一郎ではなくトミオカ精巧であるというのが濃厚になってきました。

距離を縮める杏子と多田ですが、その関係を知った壮一郎は……

グッドワイフ第2話の感想

今回強調していたのはシロとクロではないでしょうか?一番合間見えないものであるようで実は紙一重だったりするのではないかと思います。

クロが濃厚だと現時点で思われる、壮一郎の汚職事件、2話開始時点では明らかにクロだと言われていた大輔の公務執行妨害、器物破損事件、昔大輔が担当していた世間からバッシングを受けた医師の裁判……。

実際のところ何が本当にシロなのかもわかりません。先入観のせいで真実が見えないこともよくありますね。

そして、橋爪功演じる大輔の食えない感。

数十年間、一流弁護士としてのキャリアを積んできた彼が隠居するのではなくむしろ新しい弁護士事務所を立ち上げようとして終わるのも良かったです。改心したとかではなく、骨の髄まで弁護士だったんだという終わり方の方が清々しいですね。

そして吉田鋼太郎さんが壮一郎と佐々木の会話中にコーヒーを持って入ってくる演技は流石でした!あれは怖いし、脇坂という人間の持っている憎たらしさと頭の良さを短いシーンでよく表現していたと思います。

次回からは汚職事件と杏子の携わる案件はどんな動きを見せてくれるのか楽しみです!

まとめ

今回のドラマで常盤貴子さんの『証人』という発音が『商人』に聞こえる!という声がネット上に上がっていました。

実はこれ、常盤貴子さんがあえてそうしていたようです。

実際の裁判では常盤貴子さんの発音していた『証人』(ショーにん※カタカナが強)が発音されているようです。リアリティを出すためものだそうです。

常盤貴子さんもこの発音についてラジオで語っており、ドラマを見る中で注目してみると面白いかもしれませんね!

 

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Related Post