冷房が頭に直撃して寒い!オフィスでできる冷房対策とは?

 

みなさん、暑い夏を如何お過ごしですか?

毎年のことですが、この暑さの中では家事や仕事にしろ、やる気が起きないですよね(笑)

私も休みの日は家でダラダラ過ごすことが多くなっています^^;

最近ではこの暑さを軽減するため、色々な冷感グッズがありますよね?

ひんやり感じるシーツや、冷たさが持続するスプレーなどたくさんのアイテムがあります。

でもやっぱり一番頼りになるのがクーラーですよね!

私もついにクーラーに頼ることになってしまいました(笑)

これ一つで夜寝る時も安眠できますし、仕事も捗りますよね!

ですが、オフィスや出かけ先で冷房が強くてさらに頭に直撃して逆に寒い!って感じることありませんか?

自分で温度設定できる環境ならいいですが、職場やお店では勝手に温度を変えたりすることが出来ませんよね…。

そこで、冷房が効きすぎて頭に直撃して寒い!

という時に出来る冷房対策について色々調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

オフィスや出先なので簡単にできる冷房対策とは?

 

オフィスでは男性・女性共に働いている職場が多いと思います。人それぞれ体感温度が違うと思いますが、実は男性と女性でも感じる温度に差があるのです。

・男性の方が女性より暑さを感じやすい

体感温度は人間の筋肉の量に反映します。

男性の方が女性より筋肉の量が多いので、男性の方が体感温度が高くなります。

なぜ女性の方が筋肉が少ないかというと、女性には子供を授かる為の子宮や胎盤などが体内に存在します。

それらの臓器を守るために、女性の体は男性の体より多くの脂肪を蓄える体質となっています。

ですので、環境に対する体感温度は、男性の方が高くなるという事です。

大まかな数字ですが、男性と女性で感じる温度の差は大体3~5度も違うと言われています。

職場等で女性が「寒い!」と感じているのに男性は「暑い!」と感じるのは筋肉の差で起こっているという事ですね!

 

 

職場や出先で「寒い!」と感じても、中々冷房の温度を調整出来ることって少ないですよね?

ですので今回は、寒いと感じた時に出来る冷房対策について何個か挙げていきたいと思います。

 

①簡単に着脱出来る上着を用意する。

・初めから、薄着・厚着をしてしまうと、温度の変化に対して融通が利かないですよね?楽に着脱できる上着などがあれば、寒かったら着て、暑くなれば脱ぐことが出来ます。

 

②ひざ掛けを置いておく

・女性だと特にスカート等で足元から冷えやすいことが多いと思います。ひざ掛けならお手軽ですし、簡単に寒さを軽減することが出来ますね!

 

③暖かい飲み物を飲む

・暖かい飲み物を飲めば冷えた体を内部から温めることが出来ます。

ただ、これは一時的に暖かくなるので、時間がたつとまた冷えてくるかもしれません。

 

④冷房が当たらない場所を選ぶ

・クーラーの真下などは一番風が当たって寒いですよね?冷房が直接当たらない場所を選ぶのも大事だと思います。

 

⑤アームカバーを着用する

・夏場だとどうしても半袖でいることが多いですね?

後になって「上着持ってきたら良かった!」と思うことも少なくないと思います。

そこでおすすめなのがアームカバーです。

上着ほど荷物になることもなく、すぐに着脱できるので女性の方は持っていて損はないと思います。

 

⑥適度に体を動かす

・ずっと同じ姿勢で冷房に当たっていると、体にもよくありませんよね?

適度に体を動かしたり、少し外に出て日光に当たるのもいいかもしれません。

 

⑦風よけアイテムを使う

冷房対策で席を移動したい!といってもなかなか難しいのが現実です。

そこで、職場で席を移動できずに冷房が頭に直撃して寒い!という場合には冷房の風よけアイテムを利用することをおすすめします。

 

冷房の風よけのためにお金を使うのはちょっと、、と考えている方も、もし風邪を引いてしまったら、病院にいき、薬をもらう手間や時間やお金がかかってしまいます。

そのため、冷房の風よけアイテムを利用することも対策の一つとしてとても有効だと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は冷房対策について色々調べてきました。

暑さを軽減できるのはいいですが、かえって寒くなりすぎて風邪を引いてしまっては元も子もないですね^^;

職場や出先などで冷房の調整が出来ない時に、今回まとめた対策を活用してもらえたら幸いと思います。

でも、冷房に頼りすぎると、逆に汗をかかなくなり、体調を崩しやすくなるので注意しましょう!

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Related Post