新井浩文で話題の通名制度の意味とは?意外な在日芸能人の一覧を紹介!

俳優の新井浩文さんが女性乱暴による逮捕で衝撃を受けました。

今回のニュースで更に驚いたのが、新井浩文さんの本名です。

実は新井浩文さんは在日韓国人で本名は朴慶培(パク・キョンべ)

日本人ではなかったのですね!

今回の報道で、新井浩文という名前が通名では?と話題になっていましたが、新井浩文さんは通名を使用していないようです。

そもそも、通名とは何なのか?

この記事では通名制度や通名の在日芸能人について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新井浩文で話題の通名制度の意味とは?

話題になっている通名制度。

通名(つうめい)とは、通称名の略です。『通名』とは外国籍の者が日本国内で使用する通称名を指します。

自分で好きな日本名を自由に使うことができます。

スポンサーリンク

意外な在日芸能人の一覧を紹介!

新井浩文さん以外にも在日芸能人はたくさんいるようです。

意外だなと感じる在日芸能人を紹介します。

 

井川遥(チョ・スヘ)

数年前、井川遥がモデルをやっている雑誌のページで『チョ・スヘ』と紹介されていました。

事務所の方針なのか正式に発表はされていませんが、雑誌以外の情報はないようです。

 

豊川悦司

豊川悦司さんも在日韓国人だと知り、驚きました。豊川悦司さんの場合、どうやらご本人も韓国人であることを知らなかったようです。

海外に行く時、自分のパスポートが他の人と色が違うことに気が付き、初めて自分が日本人ではないということを知ったようです。

矢沢永吉

ロックミュージシャンである矢沢永吉。過去に自分が在日韓国人であることをカミングアウトしました。現在は帰化して日本国籍です。

ICONIQ

日本人ではなさそうだなと思っていたのですが、在日韓国人でした。

ICONIQといえば、坊主頭で一躍脚光を浴びたことが記憶に新しいです。

韓国名は『イ・アユミ』で通名が『伊藤ゆみ』です。

布袋寅泰

ロックミュージシャンの布袋寅泰。布袋寅泰は自身の著書の中で父親は韓国人、母親は日本国籍だが日本人とロシア人のハーフだったことを告白しています。

まとめ

今回は通名制度と在日芸能人を紹介しました。

今回調べてみて、意外と韓国籍の方が多いのだなという印象を受けました。最近、韓国について話題になることが多いですが、平和で仲良くいてほしいのが誰もが望んでいることではないでしょうか。

今回、新井浩文さんがきっかけで通名制度について調べましたが、また気になることがあれば書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Related Post