蚊がいなくなるスプレーの効果は?赤ちゃんやペットに影響はあるの?

 

六月に入り、毎日暑い日が続いてきました。

本格的に夏へと向かっていますね!

皆さん夏は楽しいことも多いですが、悩まされることも多いですよね?

そう、蚊の存在です!

花火大会やお祭り等で外に出歩いたとき、気が付いたら蚊に刺されている…。

また、夜寝ようとした時に耳元で聴こえる「プーン」という耳障りな音…。

私自身も次の日早く起きなければいけない時に限ってこの音が聴こえて全然眠れず、睡眠不足になることもしばしばありました。

夏の時期は蚊との戦いにもなりますよね!(笑)

そこで活躍してくれるのが、蚊対策用品です!

最近CM等では蚊対策として、スプレーを噴射して寄せ付けない!などの商品が多く販売されています。

蚊取り線香のように火を使ったりしないので子供やペットなどおられる家庭では非常に使いやすいと思いますが、実際効果はどれほどなんでしょう?

また、スプレーに含まれている成分は、ペットや赤ちゃんなどには害はないのか?

非常に気になりますよね?

今回はそれらについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

蚊がいなくなるスプレーの効果は?

 

蚊がいなくなるスプレーの中には、「ピレスロイド(またはトランスフルトリン)」という成分が含まれています。

この成分には、主に殺虫作用があり、多くの害虫用商品に使われています。

これらは蚊の皮膚や口から入っていき、神経を麻痺させて死滅させる性質を持っています。

また、即効性・持続性に優れており、最近の商品では一回の使用で約12~24時間効果を持続させる働きを持っています。

なぜスプレーするだけで蚊が撃退されるかというと、スプレーを噴射したときにでる粒子が壁や天井に張り付き、蚊に浸透するからです。

蚊は飛んでいる時間より、壁や天井に張り付いている時間の方が圧倒的に長いです。

ですので、止まっている間に粒子が蚊の内部に浸透し死滅させることが出来ます。

 

赤ちゃんやペットに影響はあるの?

 

蚊を死滅させるほどの成分となれば、赤ちゃんやペットには害はないの?と疑問を持つ人も多いと思います。

結果から言いますと、人体や動物への安全性が高く、影響力は低いと考えられます。

ピレスロイドは蚊への浸透力は非常に高いですが、人間や犬などの恒温動物の体内に入ってしまっても素早く分解されて、体外へと排出されます。

ですので、赤ちゃんやペットがいるご家庭でも気軽に使用することが出来ます。

また、他の殺虫剤に比べて、分解されやすい性質なので、環境にも優れています。

ですが、100%人体に影響がないわけではありません。

正しい使い方をすれば問題ないですが、直接人体などに吹きかけると、分解が間に合わず人体にも浸透する恐れがありますので、絶対に間違った使い方をしないようにして下さい。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は蚊がいなくなるスプレーの効果や、赤ちゃん・ペットに対する影響について色々調べてきましたが、正しい使い方をすれば人体などに影響は出ることは極めて低いです。

また、スプレーの効果については、蚊に対しての有効な成分が含まれており、また持続性も高いため非常に効果は高いと思われます。

これからの季節、蚊に悩まさせることが多くなりますが、快適な夏と気持ちの良い睡眠を得るため、スプレーの使用は活躍してくれると思います!

ですが、人体に影響力が低いと言えど、大量に噴射したりした場合、絶対に安全とは言い難いので、用量・用法を守って正しく使いましょう!

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Related Post