家売るオンナの逆襲第4話あらすじネタバレと感想!三軒家が初めて留守堂に敗北?

『家売るオンナの逆襲』第4話が放送されました。

こちらでは『家売るオンナの逆襲』第4話のあらすじとネタバレについて紹介していきます。

※ネタバレを含むため、内容を知りたくないという方はご注意ください。

>>詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家売るオンナの逆襲第4話あらすじネタバレ

定年退職を間近に控えた山路拓夫(佐藤史郎)、朱美夫婦が事務所を訪れます。

娘夫婦の家の資金援助をするため、物件を以来してきたのです。

一方、足立(千葉雄大)留守堂(松田翔太)三軒家(北川景子)のことを知りたいという発言を気にしていました。

板挟みになる屋代課長

4月から働き方改革によって残業の見直しが始まった営業所。

屋代(仲村トオル)は残業を減らし、売り上げを上げるには出来ない奴を出来るようにするしかないと悩みます。

足立は早く三軒家に追いつきたいがために、残業ができないことに苛立ちを覚えます。

留守堂に働きたい時は働き、休みたい時は休めばいいと言われ足立はフリーランスの生き方に興味を持つのでした。

今時の若者はやる気がない?!

家を全く売れない鍵村(草川拓弥)を変えるために屋代は庭野(工藤阿須加)を教育係につかせます。庭野は家を売る仕事は人の人生をプロデュースすることのできる素晴らしい仕事だと解きますが、鍵村の心には全く刺さりません。

鍵村を変えるどころかむしろ庭野が不真面目でやる気のない発言に毒されてしまいます。

拓夫夫婦が娘夫婦の花(北原里英)健太郎(田村健太郎)と来店します。

三軒家は二人に将来の投資になる家を勧めますが、出世欲のないふたりは拓夫と喧嘩になってしまいます。

三軒家は必ず全員が気に入る家を見つけ出すと宣言しますが……

スポンサーリンク

三軒家が留守堂に初めての敗北!?

バーで飲んでいた鍵村は花夫婦に遭遇し、スマホで適当に見つけた物件を簡単に内見に取り付けてしまいます。

鍵村は高々と三軒家の客に自分が家を売ったと宣言します。

ところがそう簡単にはいかず、拓夫が起こって営業所に押しかけて豊洲の家を買うならお金は出さはいと言います。

三軒家は娘夫婦のためでなくそのお金で夢だった喫茶店経営をすることをふたりに提案します。

そして三軒家は娘夫婦には別に身の丈にあったリノベーションされた公団の家を紹介します。

ふたりはリノベーションされた家を気に入りますが、もう少しで売れるという時に留守堂が現れ、部屋番号が健太郎の元カノを連想させるといい、全く同じ内装に矢沢永吉のグッズが置かれた部屋を提案します。

これは三軒家にとっての初めての敗北でした。

家売るオンナの逆襲第4話の感想

三軒家にとって初めての敗北でしたね。

これまで圧倒的な優位を保ってきた三軒家ですが留守堂に客を奪われてしまいました。

果たして留守堂の正体は明らかになるのでしょうか。

留守堂の三軒家に対する執着の強さが気に入りますね。

今回は世代による考え方の格差が描かれていましたが出世欲のない人は実際に多いかもしれませんね。

それぞれの価値観を尊重していくことが大事ですね。

>>家売るオンナの逆襲を無料視聴する

スポンサーリンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Related Post